油彩キャンバス立体額かぶせタイプ・セミオーダー組立手順
付属部品の数量
アクリルケース

フラット吊り

木ネジM3.1L16 木ネジM3.1L13 透明パッキンφ10
1 2 6 4 4
<1>
油彩キャンバスにケースの向きを合わせ、ゆっくり被せます。この際、ケースに付いている保護紙は剥がさない方が後の作業で傷を防止できます。
<2>
油彩キャンバスとケースの間に2mm以上の隙間ができる場合は、ケースを一度外し、ケース内側から透明パッキンを穴の位置に押付け、 素材の粘着性で仮止めしてからカバーを再度被せます。(隙間が少ない場合には、パッキンは使用しません)
<3>
木ネジM3.1L13(短い方)で、ケースとキャンバスを固定します。その際、4か所を軽く固定し、最後に増し締めします。 ケースの穴がキャンバスの固定釘と重なってしまう場合には、釘抜きで釘を抜いてから作業して下さい。
<4>
ケースを裏返し、フラット吊りを写真の位置に固定する準備をします。

<5>
キャンバスの横幅が300mm以下等の軽い場合は、写真のように中央1か所の固定でも構いません。

<6>
木ねじM3.1L16(長い方)でフラット吊りをキャンバス裏に固定します。

<7>
壁にネジやフックを固定して、フラット吊りを掛けます。(壁に付けるネジやフックは付属しておりません)
 
■半年に1度程度はネジのゆるみが無いか点検し、ゆるんでいる場合は増し締めをして下さい。
アクリ屋ドットコム(株式会社さくら樹脂)
TEL. 045-547-6372 FAX. 045-547-5945 〒222-0001 神奈川県横浜市港北区樽町4-13-2